FC2ブログ

塗装工事 引き渡し後のクレーム対応の実情

弊社で施工させていただきました塗装工事の棟数は700棟余りとなりました。
おかげ様で平成15年2月に一棟目を施工させていただきまして16年目を無事に迎えさせていただいております。

保証期間が10年から13年の保証書も例外なく発行させていただいております。
何ゆえ 保証書を?との回答です。

ご契約時に弊社社員がお勧めした塗料及び作業員の施工に関して、人為的な瑕疵・塗料製品に対しての瑕疵にたいしての担保責任が発生します。
結果は数年経過してみて初めて実証されますので、そのための担保としての保証書であります。

ただし実際のクレームに対して対応の実行動が伴わなければ、意味がありません。

弊社では開業以来 一貫して「ありのままの事実を飾ることなく誇大表現することなく偏ることなく情報提供に努める」
をモットーに営業させていただきました。
きれいごとや誇大広告や他社への誹謗中傷はホームページには一切掲載していません。

ありのままの実情をお伝えするのも業者の社会的責務であると考えます。

現状の塗装工事の実情やクレーム内容をも、認知いただくことも、一理あるとの思いでブログをアップさせていただいております。


昨今 外壁材質にはサイデイングが主流を占めてます。
サイデイングパネルの接合部のシールのクレーム対応のご紹介です。

通常のシール打ち替え(弊社)の流れを以下にご紹介します。




以下 凡例(築10年前後の外壁のシールの打ち替え例)

2018091801.jpg

2018091802.jpg

2018091803.jpg
2018091804.jpg
201809180.jpg

この時点からシールが(夏場の直射日光にて蓄熱して膨張及び縮小を繰り返し体積の変動が納まるまで)完全硬化するまでの所要日数は数か月かかります。 
数か月 足場を組んだまま硬化期間をかけるのは、非現実的です。  
2018091805.jpg

弊社ではその事例を踏まえた前提で「保証期間」を設定してます。
ただし、保証期間が無い業者の場合 アウトです。
または有償工事に間違いなくなります。

以下がクレーム対応の実例です。
(シール打ち替えを手順通り施工した現場でも発生する事案です。)
防水性には問題無き状況ではあります。
2018091806.jpg
豊後高田市 塗装

2018091807.jpg
2018091808.jpg
2018091809.jpg
2018091810.jpg

以上 弊社のクレームの対応例のご紹介でした。
スポンサーサイト

S様邸 アフターサービス:サイデイング壁 シール打ち替え箇所 アフター補修 

サイデイング壁のシール打ち替え箇所の問題点です。
夏場の照射熱にて外壁は高温になります。
コーキングは熱による膨張・伸縮を繰り返します。
問題は塗料(塗膜)が追従できないがために、次の写真のようなケースが多発します。
2018082902.jpg


入れ替えたコーキングの伸縮・膨張は完全硬化するまで繰り返されます。
実際 塗装工事の際に数か月もコーキングの硬化待ちはあり得ません。
結論から申し上げますと、築10年目前後での硬化して、劣化も無い状態のシールは、
いまさら軟弱な下地を費用かけて入れ替えるのは、無駄だとの結論です。


イメージしやすい例えですが、同じ長さの細い糸(塗膜)と
ゴムバンド(コーキング)を両手で引っ張る感覚です。
当然ですが、糸は切れてしまいます。
(そもそも伸縮性の異なる物質が同居してると同じです。)



補修作業のリポートです。
2018082901.jpg
2018082903.jpg
2018082904.jpg
宇佐市 塗装

2018082905.jpg
2018082906.jpg
2018082907.jpg


数日 乾燥させて、仕上げの予定です。
(弊社 保証期間内の無料作業です。)

お得意様M邸 13年目塗装更新・宇佐中学校塗装他

宇佐市立 宇佐中学校塗装工事の一部ご紹介です。



201806241.jpg
宇佐市 塗装



弊社で13年前に塗装工事でお世話になりました中津市M様邸で 
更新塗装をさせていただきます。中津市 塗装
M様邸 13年目の外観です。
2018062430.jpg



保守点検にお伺いしました宇佐市のO様邸の外観です。
カビは全く出てません。
2018062410.jpg

2018062412.jpg





塗装更新作業の宇佐市のO様邸の進行状況です。
201806243.jpg

201806244.jpg





宇佐市のT様邸 定期保守点検させていただきました。
2018062422.jpg

2018062425.jpg

以上 ご報告でした。

無料アフターサービス:カビ・コケ処理

7年目の保守点検にお伺いしました。

北側壁面にカビが発生してましたので、カビ処理のサービスをさせていただきました。



 弊社アフターサービス一例のご紹介です。
4181.jpg
4182.jpg
4183.jpg
中津市 塗装
テラス屋根もコケ処理サービスさせていただきました。
4184.jpg
4185.jpg
4186.jpg
4187.jpg
4188.jpg
以上 弊社保証期間内のアフターサービス 実例のご案内でした。

フッ素塗装 6年目保守サービス:潜在瑕疵VS塗膜

6年目の保守点検にお伺いさせていただきました。
日本ペイント ファイン4Fセラミック(4フッ化フッ素:2液タイプ)での塗装ですが、塗膜の剥離・表層の割れが発生してました。
フッ素ですので、色褪せは期待値並みでした。しかし建物の瑕疵(内部からの漏水他)には、たとえフッ素でも勝てません。
塗膜は数ミリの厚みですので、外部からの豪雨などの水圧には、びくともしませんが、建物の構造上の欠陥からくる柱伝いの漏水などには、非常にもろいものです。



ただ工事の際に瑕疵まで見極めるのは、不可能であり、
その為の保証制度でもあります。




以下 補修サービス例としてご紹介します。
中津市 塗装
on1.jpg
on2.jpg
on3.jpg
on4.jpg
on5.jpg
on6.jpg
塗膜VS結露・漏水のご紹介でした。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

siketaikasa

Author:siketaikasa
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR