FC2ブログ

お得意様M邸 13年目塗装更新・宇佐中学校塗装他

宇佐市立 宇佐中学校塗装工事の一部ご紹介です。



201806241.jpg
宇佐市 塗装



弊社で13年前に塗装工事でお世話になりました中津市M様邸で 
更新塗装をさせていただきます。中津市 塗装
M様邸 13年目の外観です。
2018062430.jpg



保守点検にお伺いしました宇佐市のO様邸の外観です。
カビは全く出てません。
2018062410.jpg

2018062412.jpg





塗装更新作業の宇佐市のO様邸の進行状況です。
201806243.jpg

201806244.jpg





宇佐市のT様邸 定期保守点検させていただきました。
2018062422.jpg

2018062425.jpg

以上 ご報告でした。
スポンサーサイト

無料アフターサービス:カビ・コケ処理

7年目の保守点検にお伺いしました。

北側壁面にカビが発生してましたので、カビ処理のサービスをさせていただきました。



 弊社アフターサービス一例のご紹介です。
4181.jpg
4182.jpg
4183.jpg
中津市 塗装
テラス屋根もコケ処理サービスさせていただきました。
4184.jpg
4185.jpg
4186.jpg
4187.jpg
4188.jpg
以上 弊社保証期間内のアフターサービス 実例のご案内でした。

フッ素塗装 6年目保守サービス:潜在瑕疵VS塗膜

6年目の保守点検にお伺いさせていただきました。
日本ペイント ファイン4Fセラミック(4フッ化フッ素:2液タイプ)での塗装ですが、塗膜の剥離・表層の割れが発生してました。
フッ素ですので、色褪せは期待値並みでした。しかし建物の瑕疵(内部からの漏水他)には、たとえフッ素でも勝てません。
塗膜は数ミリの厚みですので、外部からの豪雨などの水圧には、びくともしませんが、建物の構造上の欠陥からくる柱伝いの漏水などには、非常にもろいものです。



ただ工事の際に瑕疵まで見極めるのは、不可能であり、
その為の保証制度でもあります。




以下 補修サービス例としてご紹介します。
中津市 塗装
on1.jpg
on2.jpg
on3.jpg
on4.jpg
on5.jpg
on6.jpg
塗膜VS結露・漏水のご紹介でした。

弊社のエリア担当サービスマンのアフターサービス報告

豊後高田エリア担当からの事案のご紹介



8年目の保守点検の際に一部 塗装の剥離が発生してました。


塗装は外圧には耐性を有しますが(紫外線・酸性雨)
内圧
(室内からの漏水・主に浴室や水回り)には非常に弱い性質があります。
内部からの水圧や空圧には対抗できません。

今回 浴室のタイル目地や浴槽すき間のコーキングもさせていただきました。
IMG_0696web.jpg
IMG_0697web.jpg
IMG_0698web.jpg
IMG_0699web.jpg


次に中津エリア担当からの施工10年目及び12年目の外観の報告のご紹介です。



一例目:塗装後10年経過 使用材料:日本ペイント社製 DANシリコンセラ(厚膜なみがた仕上げ)


JIS規格認定塗料で、防カビと低汚染性の実証データとしての報告です。


カビが発生しやすい北側の状態です。
IMG_0764web.jpg
998.jpg



同じく中津エリア担当からの二例目です。

12年経過したお宅で仕様は上記と同一です。
IMG_0802web.jpg
IMG_0803web.jpg

以上 弊社のアフターサービス一例のご紹介でした。

アフターサービス:サイデイング壁 シール打ち替え箇所 アフター補修


弊社 アフターサービス実例のご紹介です。
数年前に弊社にてサイデイング壁塗装をさせていただきましたM様邸でのアフター補修サービスでの一例のご紹介です。
シール打ち替え後 乾燥のため5日間置いた後に塗装しました。
シーリング材の伸縮率と上塗り材との伸縮率の相違がありますので、シーリング材の伸縮幅上塗り材が追従できないケースが大半でして、シーリングそのものの防水機能は機能してますが、表層の塗装膜が追従できずに微細な縦縞ができるケースが発生します。 トップコートの材質にも左右されますが、大半の意匠性(ガラ・凹凸・デザイン重視)あるサイデイング壁の塗り替えの際には、その意匠性を塗り替え後にも残存させ、なおかつ器材そのものの耐酸性雨や耐紫外線を訴求される条件下では、自ずから「薄膜塗装 三層塗り」が必然の工法となります。
中津市 塗装

以前はモルタル壁が大半でしたので、「とにかく防水のために分厚く塗る」が帰結パターンとしまして一般的でしたが、現在は「壁の意匠性を存続しながら、外壁本体の耐久性を延命する。」との相反する二極の条件を備えた工法へのニーズと変遷しております。

弊社も経過後のご施主様宅の点検を今後の工法へのさらなる品質向上へのフィードバックへとの位置付けと、させていただきながら、更なるグレード向上へとつなげていきたいと思います。

点検サービス(保証期間内の作業ですので、無償ですし、ご施主様には当然の権利行使ですので特筆すべき事案では、一切御座いません。)
MO.jpg
MO2.jpg
MO 3
MO4.jpg
以上 弊社 アフター保守サービス 具体例の一部ご紹介でした。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

siketaikasa

Author:siketaikasa
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR