fc2ブログ

台所 天井張替工事(宇佐市) 施工満10年経過外観(中津市)

宇佐市のk様邸より(弊社お得意様)前回の台風にて台所の天井板が、漏水ではがれが発生したので、張替を依頼されました。


過去 各種リフォーム(フローリング、雨樋交換、外部塗装)でお世話になったお宅です。
宇佐市 リフォーム


簡単ですがビフォアー&アフターのご紹介です。

2021092101.jpg
2021092102.jpg

次に中津市のK様邸の11年目(満十年)の保守点検にお伺いさせていただきました外観の状況です。 
塗装仕様は日本ペイント社製塗料(防カビ性) ファインシリコンフレッシュでの施工後 10年経過の北面 防カビ性の実証データでもあります。 
北面含めたアングルでの撮影です。

中津市 塗装

2021092105.jpg

以上 室内リフォーム及び経年劣化の検証のご紹介でした。
スポンサーサイト



8年目の保守点検 中津市M様邸

2014年3月に弊社で外壁塗装工事(保証期間10年間)をさせていただきました中津市のM様邸の8年目の保守点検に先日 お伺いさせていただきました。 
宇佐市 塗装


>
施工直後8年目の外観を比較しやすいように画像をご紹介します。

 (外壁塗装の仕様:日本ペイント社製 DANシリコンセラ)

2021081201.jpg
中津市 塗装

2021081202.jpg

8年目の保守点検の際に 一か所 窓枠の塗装箇所に「ふくれ」が発生してましたので、後日 無料にて補修予定です。

2021081203 - コピー

必見 JIS規格塗料の性能検証10年目13年目18年目外観推移

日本ペイント社製のJIS規格塗料の性能表示として「防カビ 高耐候 低汚染」が表記されてます。

その性能の検証を今回させていただきます。



まず施工前 ビフォアーの写真 次に施工後 塗りたての写真 さらに10数年経過した写真をアップしますので、見比べて外観の推移がわかりやすいように並べてみました。 
中津市 塗装

色の褪め具合やカビの発生などの確認をしていただければと思います。



一例目 中津市のM様邸 裏に水路や田んぼが混在する住宅地でしてカビの発生しやすい立地条件です。


早速ご紹介します。(10年目)

2021051701web.jpg

塗りたての写真です。

2021051702web.jpg

10年目の外観です。
2021051703web.jpg

期待どうりの推移でした。




二例目も同じく中津市で北側に田んぼが位置する立地のN様邸です。13年目です。

2021051712web.jpg

2021051713web.jpg

2021051714web.jpg

2021051715web.jpg

2021051716web.jpg

2021051717web.jpg





最後は18年目の中津市のO様邸のご紹介です。

2021051704web.jpg

2021051705web.jpg

2021051706web.jpg

2021051707web.jpg

2021051708web.jpg
2021051709web.jpg

2021051710web.jpg

2021051711web.jpg

以上 JIS規格塗料の性能の検証でした。

JIS規格塗料 12年目の答え

平成20年の11月に弊社で外壁他の塗装工事でお世話になりました
吉富町のk様邸の12年目の外観のご案内です。




当時の使用塗料はJIS規格仕様の「防カビ・低汚染」などの
高機能なJIS規格に準じた工法を採用させていただきました。



10年間の保証付きの施工をさせていただきました。)





JIS規格塗料の実力・真価を試す実地検証の意味合いも兼ねて
先日 12年経過の外観をご施主様のご了解の上、
拝見させていただきました。

中津市 塗装




結論: まだまだ塗替えの時期・状態ではありませんでした。



但し弊社の保証対象外の木部の塗装がだいぶ劣化してましたので、今回は木部の塗装更新にて近日 再度施工させていただく次第となりました。





以下 ご紹介させていただきます。

2020021401.jpg


2020021402.jpg


2020021403.jpg

以上がJIS規格塗料の経年の検証結果でした。

業者選択の際のポイント:価格より重視すべき点

昨今 塗装工事の計画の段階で複数の業者から見積を取得されるお客様が以前より増えております。

ただ選択肢として「価格」だけを判断基準とされるのは商品購入(家電・他物販)以外はリスクが潜在してるとお考えいただいたほうが、間違いありません。

特に 塗装工事に関しましては、無形の商品ですので、かなり失敗例も多くございます。

① 塗装は無形故に「ごまかしやすい」工事であります。
② 安く仕上げる方法は多数 あります。

それでは、端的で最も確実な選択するうえでのポイントととは?

* 実証出来てるか?否か(カタログ記載の性能表示)だけです。



以下が選択する際のフィルターです。A~D

 

A 見積の内容に材料名及び塗料メーカーの記載があるか?
(例えばシリコンでも水性から油性 さらには二液と性能差 価格差があります。)



B 塗料のカタログに「JIS」マークがあるか?



C さらに その同一仕様の実績の10数年経過した現場を確認したうえで、塗料のカタログの効果がご施主が目視確認できるか?


D アフターの保証書の内容を確認して実際のアフター例が実在するか?



以上をクリアーしたうえでの最終価格判断でしたら、ほぼ間違いは無いと思っていただいていいと思います。


もちろん選択肢は必要です。 ただいたずらに数多く見積を取得するのも、業者側にもご施主様側にもかなり負担が発生するのも事実ではあります。



上記のAからDをフィルターとして選考基準にすれば、無駄な時間・労力(業者への断りの連絡など)が省けると思います。



以上はあくまで公平・中立的なスタンスとしてのアドバイスとして今後のご参考にしていただいて、リスクの少ない(ゼロではないかもしれません。 そのための保証が必須なのです。)工事にお役にたてれば幸いです。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

siketaikasa

Author:siketaikasa
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR