FC2ブログ

アフターサービス:サイデイング壁 シール打ち替え箇所 アフター補修


弊社 アフターサービス実例のご紹介です。
数年前に弊社にてサイデイング壁塗装をさせていただきましたM様邸でのアフター補修サービスでの一例のご紹介です。
シール打ち替え後 乾燥のため5日間置いた後に塗装しました。
シーリング材の伸縮率と上塗り材との伸縮率の相違がありますので、シーリング材の伸縮幅上塗り材が追従できないケースが大半でして、シーリングそのものの防水機能は機能してますが、表層の塗装膜が追従できずに微細な縦縞ができるケースが発生します。 トップコートの材質にも左右されますが、大半の意匠性(ガラ・凹凸・デザイン重視)あるサイデイング壁の塗り替えの際には、その意匠性を塗り替え後にも残存させ、なおかつ器材そのものの耐酸性雨や耐紫外線を訴求される条件下では、自ずから「薄膜塗装 三層塗り」が必然の工法となります。
中津市 塗装

以前はモルタル壁が大半でしたので、「とにかく防水のために分厚く塗る」が帰結パターンとしまして一般的でしたが、現在は「壁の意匠性を存続しながら、外壁本体の耐久性を延命する。」との相反する二極の条件を備えた工法へのニーズと変遷しております。

弊社も経過後のご施主様宅の点検を今後の工法へのさらなる品質向上へのフィードバックへとの位置付けと、させていただきながら、更なるグレード向上へとつなげていきたいと思います。

点検サービス(保証期間内の作業ですので、無償ですし、ご施主様には当然の権利行使ですので特筆すべき事案では、一切御座いません。)
MO.jpg
MO2.jpg
MO 3
MO4.jpg
以上 弊社 アフター保守サービス 具体例の一部ご紹介でした。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

siketaikasa

Author:siketaikasa
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR