FC2ブログ

S様邸 アフターサービス:サイデイング壁 シール打ち替え箇所 アフター補修 

サイデイング壁のシール打ち替え箇所の問題点です。
夏場の照射熱にて外壁は高温になります。
コーキングは熱による膨張・伸縮を繰り返します。
問題は塗料(塗膜)が追従できないがために、次の写真のようなケースが多発します。
2018082902.jpg


入れ替えたコーキングの伸縮・膨張は完全硬化するまで繰り返されます。
実際 塗装工事の際に数か月もコーキングの硬化待ちはあり得ません。
結論から申し上げますと、築10年目前後での硬化して、劣化も無い状態のシールは、
いまさら軟弱な下地を費用かけて入れ替えるのは、無駄だとの結論です。


イメージしやすい例えですが、同じ長さの細い糸(塗膜)と
ゴムバンド(コーキング)を両手で引っ張る感覚です。
当然ですが、糸は切れてしまいます。
(そもそも伸縮性の異なる物質が同居してると同じです。)



補修作業のリポートです。
2018082901.jpg
2018082903.jpg
2018082904.jpg
宇佐市 塗装

2018082905.jpg
2018082906.jpg
2018082907.jpg


数日 乾燥させて、仕上げの予定です。
(弊社 保証期間内の無料作業です。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

siketaikasa

Author:siketaikasa
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR