FC2ブログ

公庫指定仕様(グレード):新築の塗装

今回は塗装のグレードの件でのお役立ち情報です。


弊社のホームページを今 御覧いただいてます方々の大半は、当然の帰結として「戸建てのオーナー様」だと思います。

実は私事ですが、我が家は平成11年生まれです。

私も公庫(当時は住宅金融公庫)からの借り入れにて新築いたしました。

数千万円の買い物ですので、一部または全額を公庫からの借り入れにて新築された方が大半だとは思います。



ところで(私も含め)上記該当の皆様は引き渡し後の図面他の書類をお持ちだと思います。

我が家の書類の表題です。(この様な書類です。)
中津市 塗装2019082101.jpg

一冊の構成は立面図などの測量図の一連の綴りの後半に閉じられてる冊子がございます。
年度により多少変化は有ります。


ちなみに我が家の冊子の表題です。

2019082102.jpg



日常 金庫に権利書などと保管されてますでしょうから、熟読されてるかたは、稀有だとは思います。

内容は公庫利用にて住宅を取得する際の詳細な工事内容の指定仕様が明記されてるのです。

なかでも頻繁に出てくるキーワードがあるのを(この機会に再読された方には)気づかれると思います。

公庫イコール国ですので、必然的に仕様も国レベルの仕様(指定)になるのは当然の結果なのですが。

それは「JIS規格」です。

各部 項目の一覧の一部抜粋です。

2019082103.jpg


新築の際の塗装工事の時点で「JIS」でのシバリが多く文書内に散見されます。

公庫仕様の塗装工事の指定(限定条件付き)の一部抜粋の原文です。
2019082104.jpg

ただし実際の新築現場では、このシバリ仕様にて塗装工事が100%実施されてるかどうかまでは、公庫も確認できないのが、現実ではないかな?と思います。

以上の事実も鑑みて、かねてより弊社では、JIS規格(公庫仕様)に準じた仕様にこだわり情報提供及び工事をさせていただいています。

塗装後の経過状況を随時 確認しておりますが、JIS規格の塗料にかんしましては、規格の実証は弊社では確立出来ています。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

siketaikasa

Author:siketaikasa
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR