FC2ブログ

3年目 保守点検・リピート塗装更新

宇佐市のS様邸へ施工後の施工後の経過確認の保守サービスに
お伺いさせていただきました。




三年経過した状態のS様邸の外観です。

宇佐市 塗装

2020022301.jpg

別アングルの同じくS様邸の外観です。
2020022302.jpg

塗りたて直後との変化(色褪せ他)は一切無く、推移してました。

S様 ご協力ありがとうございました。







次に弊社の既存のお客様からの11年目の塗装更新の作業のご紹介です







一軒目: 豊後高田市のⅠ 様邸にてリピート更新塗装工事のご紹介です。

2020022303.jpg

前回とは大幅な色相の変更にて工事を承りました。








二件目: 同じく12年目の塗装更新の中津市のN様邸のご紹介です。

前回とはイメージを変更した色相でのご要望でした。
数日後に着工の予定です。

2020022306.jpg
スポンサーサイト



JIS規格塗料 12年目の答え

平成20年の11月に弊社で外壁他の塗装工事でお世話になりました
吉富町のk様邸の12年目の外観のご案内です。




当時の使用塗料はJIS規格仕様の「防カビ・低汚染」などの
高機能なJIS規格に準じた工法を採用させていただきました。



10年間の保証付きの施工をさせていただきました。)





JIS規格塗料の実力・真価を試す実地検証の意味合いも兼ねて
先日 12年経過の外観をご施主様のご了解の上、
拝見させていただきました。

中津市 塗装




結論: まだまだ塗替えの時期・状態ではありませんでした。



但し弊社の保証対象外の木部の塗装がだいぶ劣化してましたので、今回は木部の塗装更新にて近日 再度施工させていただく次第となりました。





以下 ご紹介させていただきます。

2020021401.jpg


2020021402.jpg


2020021403.jpg

以上がJIS規格塗料の経年の検証結果でした。

雨漏れ対応:瓦保全・室内天井板張替

弊社数年来のお得意様の中津市のH様より雨漏れ他のご相談をいただきました。

中津市 リフォーム


室内の天井板には複数の雨染みが発生してました。

瓦の棟巻き替え(既存の瓦を一旦 解体して再構築)作業及び室内の天井板の張替作業の工事をさせていただきました。



作業前のH様邸の外観のご様子です。

2020020105.jpg






作業前の解体箇所です。
2020020106.jpg







解体した状態です。
2020020107.jpg







その後 赤土を充填したのち瓦の再構築の作業ingの状態です。
2020020108.jpg





完成です。

2020020109.jpg

見積例のご紹介(実例)

弊社の塗装見積の実例のご紹介です。
まず測量する項目としまして① 建物の床面積(1F及び2F)② 外壁の総面積(外周m×高さmの総和)③ 窓やタイル ドアなどの塗装不可面積(たて×よこ)④雨樋の長さ(軒樋・竪樋・ころがし)⑤軒天井(外周×奥行き)+コーナー➅ 足場の組立数量⑦雨戸・戸袋枚数⑧基礎の数量他


以上を正確に測量して施工面積が算出されます。 実際の測量時間は最短で30分 場合によれば60分は要します。

以下が実際に現地にて測量した清書前の図面です。(縮尺は1/182 または1/200)

2020012901.jpg

上記の実測図をもとに数量を精査したうえで作成した実際の御見積書が以下になります。
2020012902.jpg

2020012903.jpg
2020012904.jpg

基本的に、各項目の施工数量の正確さ及び緻密な測量をお客様が求められてる実情がございます。

ただいま塗装工事をご検討中の場合 ぜひご参考にしていただければ幸いです。
(測量図はごちゃごちゃしてて分かりにくいとは思いますが)

雨にも負けず 風にも負けず

産まれたてに戻りたい、シワやシミを取り払いたい、ご主人様にいつも気にかけてもらいたい。
お住まいは、生き物です。呼吸してます。ご主人様やご家族をお守りするために、冷たい風雨に耐えてます。
灼熱の夏場にもひたすら耐えてます。
そのうち、ふと気が付くと いつの間にか老化してる事に気が付きます。



シール周り

屋根 18年

ご家族をお守りしたい、お役に立ちたいと、それでも弱音をはかず、雨にも負けず風にも負けず夏の暑さにも負けずと頑張ってます。
それでも10年で息切れします。

塗装不可状態
凍害

愛情を込めて若返りをさせてください。
せっかく、この世に生まれ、ご主人様やご家族にご縁があったので、家も頑張ってます。
ただ長生きさせてください。 ずっとパートナーですから。
今までも、またこれからもご家族を見守りつ続けて生きたいとお住まいも願っているからです。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

siketaikasa

Author:siketaikasa
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR